幽玄ノ乱 攻略メモ

幽玄1
http://taikosagadonda.blog6.fc2.com/blog-entry-67.html
を参考にしながら縁ロールが抜けないように強く意識する(特に左が抜けがち)

幽玄2
ここ本当に最難関   大体ddkkdd””””kk”””dkkkkkkkdのせい
正攻法でやってたが、逆アレンでやることにした 逆アレンの際は、ビビることなく軽く上に押し上げるイメージで、その後の縁ロールをバチの先端でちゃんと入れることを意識してやる
/*ラスト9連で正攻法に切り替えるが、手首を奥に倒すイメージでやると割とスムーズに通る? いずれにせよ現状直前の縁ロールは運ゲー*/

幽玄3
http://taikosagadonda.blog6.fc2.com/blog-entry-67.htmlを参考にしよう
最近面が抜けるが、バチを寝かせることで改善する模様 左の縁で力み過ぎて抜けることがあるので、ほどほどに力を抜く

幽玄4
//95連直前のkkdkkdからロール処理、
kkdkkdロール処理は指が疲れるのと全く全良通過してくれないのと速くて抜けやすいという三重苦だったので結局正攻法にした
95連の最初の縁ロール処理が勝負所 ここが通れば手首の感覚をとにかく変えないことを意識する
アレンは
1.真横の縁から手首で内側に寄せるイメージで振る(この時体はちょっと太鼓右寄りに移動し少ししゃがむ)
2.太鼓に覆いかぶさるような感じの体制で真上から重力任せで振るイメージで振る
の2通りから調子がいい方をその時々で選んでやる

幽玄5
縁ロールはリベ攻略メモを参照して
kkdkkdkkdkdkd(kk/d/kk/d/kk/d/kd/kd)はとにかく落ち着いてロール処理 3つ目の縁ロールが特に抜けやすいのでそこを意識
左手でロール処理を入れる時は普段の持ち方で真ん中に寄せるイメージでアレンを入れるといいことがあるかもしれない

幽玄6
dd/kd/kd/kd/d
d/kd/d/kd/d/kd
ここのロール処理本当に癖がつきやすいので繊細にさばく必要がある 1個目は逆手のロール処理がちゃんと振れるかどうか
2個目は連続するアレンに指が耐えれるかどうか ここは本当半ば気力 最後のdでロール処理をしない左手でも面を叩くことでアレンが抜けて切れる可能性を少しでも減らす
長複合に関しては1-2処理のところの面ロールをしっかり反応させることとその回数を間違えないこと アレンは95連の所のメモを参考に振る
スポンサーサイト

χ談 攻略メモ

全体としての方針
判定枠前寄りをかなり意識
困ったらクソアレンジ
道中は目押しより流れや音を意識する方が精度取れる

χ談

大体画像の通り 最初5打とそれ以外って感じで見る
最初は頑張って目押し、後は判定枠が大きくぶれないように上手いこと調整すれば意外と安定する
後半の方を逆手入りするのは区切りとしてわかりやすくするため

χ談3
大体画像のようなクソアレンジをする
24分の始点と終点がちょうど8分間隔であることを意識すると、
d k ddkkdk kddk d k ddkddkdkddkkd k d kkdkkkd kkd
みたいな感じの普通の8分複合って感じでみなすことができてこれをかなり意識する
密度は高いが逆に言うと始点と終点さえ上手くいけばほぼほぼ全良通過みたいなもんなのでとにかく始点と終点、そしてその前後関係をちゃんと意識する 頑張れば意外と安定する
χ談6
低速地帯
最初の24分5連は逆手入り、そうするとその後の縁単音にスムーズに利き手で取ることができる(アレンジしてもいいけど疲れる)
思ったより見た目BPMは遅くないので後ろ側にぶれないことを意識しながら目押しをする
73~74小節らへんの dk d kkkdkkd kkkdみたいな複合はノーアレンジだと叩き間違えやすいし逆手終わりなのでアレンジ
75小節らへんのdddk k dddkが意外と可が出やすいのでここはちゃんと目押しを意識する
χ談7
本当にこれがキツイ(長複合かなりギリギリ)
風船前まででいかに体力を回復させるか、でも可は出さないようにしなければならないので色々考える必要あり
長複合は気合い
姿勢よくして最初で力まないようにすれば割といい感じかも?スーハーより遅いって言い聞かせて追いつくに決まってるって思いこむ
33連はもちろんだがそこから割とすぐに立て直さないと15連も可が出やすいので33連後の立ち直りもかなり重要

ラスゴー
ウイニングラン・・・と思いきや普通に難しい
あまり攻略法を見いだせてない 目押しに頼ってるところが大きいけど音や音符間隔を意識する方がいいかなあとこの記事書きながら思った
ラストの12分が混じってくるらへんの複合がぶれやすいから何とか感覚を覚えたいところ

ラストの変速
BPM変化をちゃんと意識。それができていれば可は出ないが逆にできてないと普通に出るので気を抜かない

これもまた色々更新することになると思います・・・・

Infinite Rebellion 攻略メモ

縁ロール処理
Inkedth_LI.jpg
この青の部分らへんをバチの先端の丸い部分でなぞる感じのイメージで跳ねさせる
ロール処理をするときは細々としたものは親指と人差し指でつまんで人差し指でプッシュするイメージ
長い奴は指が持たなくなるので2本指で支えるのは変えずに指プッシュ+手首を少しぶらぶらさせるイメージ

俺はロール処理上手い抜けるわけがないという強い気持ちをもって何とかする

Rebellion.png

20小節のkkkkdddd*2の縁ロールが面が反応しがちなので縁をしっかり意識する
最近はマシになったがkd処理が抜けるのでそこもちゃんと意識する

Rebellion2.png
・一番初めの16分3連だけロール処理で入ると縁ロールを全部利き手で取れる
・この細々した9連複合の後の8分をとても巻き込みやすいので(特にddkkddkkdの方)何回ロール処理を入れればいいかをちゃんと考える
・kkddkkdddの方は直前のdからロール処理を入れる
・長複合はラストのkkdkdだけ正攻法、ここで追いつかないことが多いのでロール処理で力を入れすぎないことを意識する
・kkdkdの直前の面ロールがよく抜ける バチをよく寝かせてロール処理すると上手くいく

Rebellion3.png

・44小節の所の小節線が重なってるところの16分3連を逆手でロール処理、それであとの長複合を利き手で取れる(巻き込むリスクもほぼない)
・ただその後の長複合でロール処理が外れがちなので注意、焦ってちゃんと2打入れれてないことが原因であることが多いので落ち着いて跳ねさせることを意識する

Rebellion4.png

・96連本当難しい、12分入る前までの比較的楽な配置でも抜けることが多い(未だにちゃんとした攻略法を見いだせてないので現状試行錯誤)
・利き手から入って12分もロール処理するタイプの処理方法
・kdからの縁ロール処理(67小節から)をちゃんと意識する(これができてないと後のアレンで不可巻き込みしまくって死ぬ)
【追記】アレンが不可巻き込みする原因としては上記の理由だけじゃなくて1個目のアレンがちゃんと振れてなくてそこから事故ることもある

Rebellion5.png
現在ここが見事に癖ついて死んでる 近いうちに動画撮って原因を調べる
癖ついてなくてもなかなか追いつかないので改善しなければならない

まだまだ発展途上なので何回も更新すると思います・・・・

ねたぎれ

お久しぶりです(テンプレ)

定期的に更新したいなとか思いつつネタがありません
最近はレポートとか試験とか自分のやりたいこととかを両立するの大変だな~とか思いながら生活しています
なかなか勉強も難しいのですが、頑張ってついていきたいです・・・
太鼓も一応やってはいるのですが、頻度の低下やモチベの低下でなかなか収穫が出ません・・・
まあ周りもきっと頑張ってるはずなので僕も頑張らないとまずいですね・・・・
もうちょっと頑張ってみます

以上現状報告でした

最近

こんにちは。僕にしては前の記事からそんなに日にちが経ってない(?)
まずは適当にブログのタイトルやらなんやらをいじりました。どうでもいいですね。
ブログはまあタイトルの通り適当な気分でしか更新しないんですけど、今日は珍しくそういう気分だったので更新してみます
いや月曜からいよいよ大学の授業が始まりまして。
僕は今年の春から新学部2年生として色々な勉強を頑張らなければならないわけです。
というのも、これまでB1の時はカリキュラムの関係上いわゆる教養系の科目を中心に履修してきたわけです。
それがB2からはいよいよ専攻の科目が本格的にスタートするわけで。
この少し前の記事に課程分けについて少し触れたのですが、課程分けは何とか無事に第一志望のコースに進むことができました。
しかし、そのコースは学科の中でも大変なコースとしても有名で、実際いくつか講義を受けて難しそうなものもいくらかあり(必修科目)、その点でやはり不安は拭いきれない部分があります。
また、専攻でない科目の中でも悪名高い科目がありまして、内容が大量のレポートで非常に大変らしく、しかもそれを落としてしまうと即留年、という・・・ 頑張ればきっと落とすことは無いだろうと信じたいですが、それでも絶対ということはあり得ないのでその辺りも非常に怖いです。
そんな不安要素が多すぎる中、何とか講義を受けていき勉強もちょっとずつ頑張らなきゃなと思っているところなのですが、最近になってよく感じることがありまして。
それは「何だかんだみんな優秀だ」ってことです。僕は天才肌というわけではなく、特に高校2年生の夏(太鼓の全国大会終わった後)ぐらいから必死に勉強を始めて、かろうじて第一志望の大学に合格したわけですが、周りの話を聞いたりする限り、それなりの余裕をもって大学に合格してる人も少なくはなく、そういう人たちと僕を比べるとやはり能力として明らかな差があるなぁと痛感します。僕は高校時代、数学と理科が結構得意だと感じていましたが、周りは算数オリンピックのファイナリストだとか、大学の二次試験本番で数学全完した人とかもやはりいて、そういう人たちに比べるとやはり自分はまだまだだったなぁ、と感じずにはいられません。
ただ、そういう人たちに対して勝てないとかばかり言ってたら永遠に成長しないわけで。能力がないならその分懸命に頑張るしかありません。というわけで頑張らなければならないなぁという使命感が出てきています。
あとはサークルの方も2回生として活動することになるので、自分も先輩ということになります。自分はゲーム制作を行うサークルに所属しており、僕はその中でもプログラマーを担当しているわけですが、去年の先輩の姿を見ていると自分が到底そのレベルに到達できているとは思えなくて、正直焦りを覚えています。何とか次のゲーム制作イベントまでにある程度のスキルは身に付けたいものだが・・・
で、太鼓の達人はどうなんだってことなんですけど、最近は調子が全く振るいません・・・ 何というか集中力が全然続きません・・・ 最初のほうはそこまで悪くなくても3クレくらいすると疲れがたまり、結局すぐボロボロになるというような状況です。そんな現状に置かれているのもあり、なかなかモチベーションも上がらず、さらに下手になって・・・という負のスパイラルにはまりかけています。さらに言い訳にはしたくないのですが前述のような状況にもあり、おそらく太鼓をやめるとまではいかなくとも頻度は落ちていくだろうなぁという予測はしています。太鼓の達人自体は好きなゲームですし、太鼓の達人を通じて様々な友達を作ることができたのでやめたいとは思いませんが、流石に人生を棒に振りたくないので、ここは頑張るしかなさそうです。もちろん時間がある時を見つけたら太鼓はやっていきたいと思ってます!純粋に時間がないだけです・・・
そんな感じで、結構不安なこれからですが、強く生きていけば何とかなると信じて、これからもできる限りのことを頑張っていきたいと思う限りです。
またしてもとんでもない長文となってしまいましたが、読んでいただいた方がいらっしゃるならばそれは非常にありがたいです。こんな感じでグダグダやっていきますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。
というわけでそろそろおしまいにします。ありがとうございました。
プロフィール

どんどこだいがくせい

Author:どんどこだいがくせい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR